ウェブサイトを作成するスキルがない方なら、プロに任せた方がいい場合もありますが、経験がない方でも、ウェブサイト作成はそう難しくありません。YouTubeでコーチング動画を2、3時間ほど見れば、十分に知識を得ることができますからね。

ただし、ウェブサイトの中でも、「ギャンブルサイト」の作成はとても難しく、幅広い専門知識とプロのサポートが必要です。ギャンブルサイトは大規模なプラットフォームで運営しなければならないため、プロのウェブ開発者でない限りは、上手く使いこなすのは難しいでしょう。

ギャンブル関連のブログを始める、メインのギャンブルサイトを盛り上げるための追加ページを作成する、といったような場合であれば、自分で作成できるでしょう。ただし、この場合でも注意点がいくつかあるので、ここでご紹介していきます!

・予算を決めておく

サイト作成の最終価格には通常、ホスティング、ドメイン、ウェブデザイン、開発者サービスなどが含まれます。全費用を合わせた価格は数万円~数十万円と様々なので、初めに予算を決めておく必要があります。

ドメインは拡張子(.com、.net、.infoなど)によって異なり、1,000円~2,000円ほどかかります。また、サイトのメンテナンスを簡単にしようとしてWordPress CMSを選択した場合には、テーマに5,000~1万円ほどかかります。もちろん、もっと高いテーマ、安いテーマもあります。自分でサイトを構築すれば、そのぶん開発者費用は節約できますが、それでもその他の費用はやはりかかります。

・適切なホスティングを選ぶ

ホスティングは、サイト機能や速度に大きく影響するため、適切なパッケージを選ぶようにしましょう。ブログ、小規模ウェブショップ、企業紹介ページ程度であれば、共有ホスティングでもいいでしょう。

ただし、何千もの商品を扱う大規模オンラインストアなど、プロジェクトがより本格的な場合には、必ず専用のホスティングを使用してください。他の人にホスティングパッケージを選択してもらった場合は、何が価格に含まれているかを尋ねるようにしましょう。

・自分に合ったシステムを選ぶ

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、一つ一つが特殊な方法で運用されており、定期メンテナンスを必要とします。サイトの将来を左右することもあるので、自分のニーズや知識に合ったシステムを選びましょう。弊店はさまざまな理由から、いつもWordPressをお勧めしています。

WordPressは、インターネット上の34%のサイトを運営しており、サポートも充実していますし、さらに巨大なコミュニティが常に改善・アップデートに取り組んでいます。柔軟性も非常に高く、メンテナンスも簡単です。

・サイトのSEO対策を行う

主要検索エンジンのひとつであるGoogleは、サイト作成に一定作業を要求します。まず、新しいサイトをインデックスするには、そのサイトがGoogle Search Consoleにログインしている必要があります。

また、公開コンテンツには透明性が求められ、Googleがアクセス可能であることが求められます。基本的には、Googleのサイト訪問時に掲載内容が読み込めないような干渉があってはなりません。